お問い合わせはこちら
葬儀のご相談
資料請求
会員申込み

ご葬儀プラン
公益社プラン
フィリアプラン
火葬プラン
社葬・合同葬・お別れ会をご希望の方
  • セレモニー滋賀
  • フラワーガーデンアイリス
  • アイリス交通

いざという時の流れ

いざという時は誰でも慌ててしまいます。前もって準備しておくのは難しいことですが、どのような流れで葬儀が進んでいくのかを知り、不安を解消していれば、あとは大切なご家族のために時間を使うことが出来ます。
『大切な家族だからこそ、心をこめて送ってあげたい』
私たちは、そうした想いを実現させるためにお手伝いをいたします。
1
危篤になったら
近親者や親しい友人には、病状を伝えておいたほうがいいでしよう。菩提寺(檀家になっているお寺)のある方は、お寺に状況を伝えておいた方が後々スムーズですので、できるだけ連絡をしておきましよう。
お葬式の段取りや手続きにつきましては、私どもが責任をもって行いますので、安心してご家族の看病をされてください。
ご連絡をいただければ、24時間いつでもスグに対応いたします。
2
ご逝去に際して
◎搬 送
まずしなくてはならないのは、病院の遺体安置室からご自宅にご遺体を搬送することです。(ご自宅に安置できない場合は、安置場所を確保しますのでご相談ください)
ご連絡いただければ、24時間いつでもスグにお迎えにあがりますのでご安心下さい。
◎日程・式場など
お葬式の段取り・日程・式場については、ご遺体をお迎えにあがった後、ご相談させていただきます。
◎逝去の連絡について
逝去のお知らせは、ご親族や親しい友人、仕事関係の方々、菩提寺のご住職様にいたします。
連絡は、死亡日時、死因などを手短に伝えます(葬儀の日程が決まっている場合は、日程・会場も伝えることになります)。
また、連絡係になってもらえそうな人には、職場、学校、サークルなどのグループごとにお願いをして、連絡をしてもらうといいでしょう。
3
ご遺体の安置
◎ご遺体を自宅に迎えます
  • 寝台車でご遺体をご自宅に搬送後、寝具に寝かせます。
     (派手な色のものはさけ白い敷布等を敷く)
  • ご遺体は、北枕もしくは西枕にします。※宗旨宗派により異なります。
  • 胸のあたりに魔除けの刃物をのせる場合もあります。
     ※宗旨宗派によって異なります。
  • ご自宅にご遺体を安置することができない場合、公益社の安置場所を確保いたしますのでご安心下さい。
寺院連絡・枕経
  • まず、寺院に電話で一報を入れ、枕経にきていただくよう依頼し、僧侶を招いて枕元でお経をあげてもらいます。
  • 地味な服装で念珠を手にかけてお参りします。
  • 通夜や葬儀の日時も、予定が立てられれば決めておきます。
4
葬儀内容の決定〈 葬儀について詳しい内容を決めます 〉
◎喪主を決定します
  • 故人と最も血縁の濃い人が喪主になるのが原則です。
  • 喪主は葬儀の主催者です。遺族の代表として弔問を受けなければなりません。また、法要・納骨・年忌法要なども責任を持って努める必要があります。
◎日時を決定します
  • 親戚、寺院、などの関係者、また公益社の係員と協議し、通夜と葬儀の日時を決定します。
     ※火葬場・寺院等の都合にもよります。
◎葬儀を行う場所を決定します
  • 自宅、お寺、集会所、葬儀会舘など場所を決定します。
◎葬儀の内容規模を決定します
  • 故人の地位、格式、弔問人数などにより、葬儀の内容、規模を決定します。
  • 初七日法要などのスケジュールも決めておきます。
◎世話役と係を決定します
  • 葬儀をスムーズにおこなうため喪家の事情や地域の慣習のよくわかっている方に世話役をお願いしましょう。
  • 世話役には、受付や接待の手配から、寺院への連絡、食事など、さまざまな事柄を指示していただきます。
  • 受付・接待など、葬儀に必要な係を決め役割分担をしておきます。
    ※葬儀委員長は葬儀の規模や地域の風習により立てない場合もあります。
5
関係者への連絡〈 自治会、会社関係、近所の人などに連絡します 〉
◎近所へ連絡します
  • 隣近所への連絡は、自治会を通じておこなうとよいでしょう。
  • 向こう三軒両隣は、直接あいさつに出向きましょう。
    ※一般的には、通夜・葬儀の日時・場所を決めてから連絡します。
◎通夜・葬儀の日時、場所が決定したら親類や友人に連絡します
  • 特に親しかった人には直ちに知らせます。
  • 会社関係は、上司など中心となって連絡してもらえる人に依頼するとよいでしょう。
  • 各種団体にも連絡をしておきましょう。
6
葬儀の用意〈 葬儀の細かい準備は公益社にお任せください 〉
◎喪服の用意をします
  • 各種喪服の貸衣装を用意しております。ご用命下さい。
◎料理の手配をします
  • 通夜や葬儀に必要な料理の手配を行います。
    ※公益社でも手配させていただきます。
◎葬儀の細かい打ち合せを行います
  • 公益社の係員とご相談の上、祭壇、供花の収受、粗供養品(会葬者にお渡しする品)などを決定して下さい。
  • 火葬場への車(マイクロバス・タクシー)の手配や新聞の死亡広告の手配などについても公益社にて代行させていただきます。ご相談下さい。
  • 遺影写真の原版をご用意下さい。故人が、鮮明に写った写真をご用意下さい。(紋付・モーニング等に着せ替えもできます。)
7
納棺〈 棺には、故人の愛用品を一緒に入れてあげましょう 〉
◎柩にご遺体を納めます
  • ご遺体には白の死装束を着せます。
    故人の気に入っておられた服を着せることもあります。
  • 死装束が終わったら、納棺となります。
  • ご遺体を柩に納めるときは、正式には身内の方だけでおこないます。
    宗旨宗派により異なります。
◎故人の愛用品を柩にお入れいたします
  • 柩に納められたご遺体のまわりには、故人が生前に愛用した品物を一緒にお入れいたします。
    ※火葬の都合上、ガラス製や金属製、その他燃えにくい物を入れるのは避けてください。
8
通夜式
◎僧侶をお迎えします
  • 控室へご案内し、茶菓子でもてなし、着替えをしてもらいます。
    (僧侶係を決めておくとよい)
◎一同着席します
  • 僧侶が控室にいらっしゃる間に、通夜に加わる親戚や故人の友人が着席します。
  • 席順は、柩に近いところから、喪主、遺族、親戚、友人の順です。
  • 準備が整ったら僧侶にお知らせし、読経をお願いします。
◎読経と焼香
  • 読経中に焼香の指示があったら喪主から順に一礼して焼香をします。
  • 読経終了後、引き続き僧侶から法話がある場合があります。
    ※宗旨、宗派や地域により、内容が異なる場合があります。
通夜ぶるまい
◎通夜ぶるまい
  • 弔問に対する返礼と清めの意味もこめておこなうのが通夜ぶるまいです。
  • 通夜だけ出席される方も多くなっているため、通夜ぶるまいの席を設けず、礼状やお持ち帰り用の粗供養品を用意しておき、弔問客にお渡しして済ませることが多いようです。
    ※通夜ぶるまいの慣習は地方によって異なる場合もあります。
◎お守りをします
  • 近親者が交代で、枕机のローソクと線香を絶やさないようお守りします。
当日までに
◎弔辞の有無を確認します
◎弔電の整理をします
◎供物・供花のリストを作成します
◎焼香順位を決めます
  • 喪主を第一番に、後は家族単位でおこないますが、特に決まりはありませんので、親戚に相談のうえ決定します。
9
告別式
◎式次第(例)
①遺族・親族着席 → ②僧侶の入場 → ③開会 → ④進行係(公益社係員)による開式の辞 → ⑤読経の開始 → ⑥僧侶の焼香 →  ⑦弔辞・弔電の拝読 → ⑧喪主焼香 → ⑨遺族・親族焼香 → ⑩一般焼香 → ⑪読経終了 → ⑫僧侶の退席 → ⑬炉閉式 → ⑭お別れ.御出棺
※葬儀の規模、宗旨、宗派、地域の慣習などにより内容が異なる場合もあります。
出棺
◎最後のお別れをします
  • 柩の蓋を開け、お別れをします。祭壇に供えられていた花を切って入れ、美しく飾ります。また、故人の愛用品などの物を、入れてさしあげます。
  • お別れが済んだら、柩をお身内の男性の手により霊柩車にお乗せします。
  • 喪主から参列者にお礼の挨拶を述べます。
◎火葬場へ出発します
  • 白木の位牌と遺影写真を持ち、所定の車(タクシー・マイクロバスなど)に分乗し、
    火葬場に向かいます。
骨上げ
◎火葬場で納めの式をおこないます
  • 火葬場の炉前に柩が安置されます。
  • 僧侶の読経が始まったら焼香または最後の対面をします。
    ※火葬場により作法が異なります。
◎火葬が終わった後、お骨上げをします
◎お骨を持ち帰ります
  • お骨は、喪主が両手で抱え持つようにします。
  • 火葬場から帰った人は塩払いをしてから家に入ります。
    ※宗旨・地域によって異なります。
初七日
◎初七日法要
  • 初七日法要は、亡くなった日もしくはなくなった日の前日から数えて七 日目におこないますが(地方により異なります)多忙な方が増えてい
     るため、葬儀の日にお骨が帰った後におこなうことも多くなりました。
10
葬儀後に必要なこと
◎隣近所へお礼に出かけます
  • お世話になった自治会の方や隣近所の方々へあいさつに出かけ、お礼を述べます。
  • 借り物などの返却も、早めにすませておきます。
◎満中陰(四十九日)法要
  • 忌明け法要として、亡くなった日もしくは亡くなった日の前日から数えて、四十九日目に営む習わしですが、その前の休日に合わせて もかまいません。(遅れるのはいけない。)
    ※宗旨・地域により異なります。
葬儀のご相談・ご依頼・資料のご請求は
24時間365日いつでも対応します。葬儀のご相談・ご依頼・資料のご請求は[フリーダイヤル:0120-61-4000]一般電話・携帯電話からもご利用いただけます。
  • お急ぎの方はこちら
  • ご相談・資料請求はこちら
ページのトップへ